アフリカ便り

このコーナーでは、会員のとっておきアフリカ情報や、フィールド体験をご紹介します。

地図から選ぶ



国名から選ぶ

テーマから探す

 

最新のアフリカ便り

きたないものに価値がつくとき

浅田 静香 2012年、私が初めて調査のためにウガンダに降り立ったとき、漠然と「地域固有のごみの捨てられ方や利活用」について調査したいと思っていた。かと言って具体的な目星があったわけではなく(いま思えばもっと事前に勉強し…

コメントなし

昼下がりの水浴びの楽しみ

関野 文子 昼食を食べて落ち着いた昼過ぎ、アジェキ、ンボレ、ビビアなどいつものメンバーに「水浴びをしにいこうよ」と声をかけられた。私は、昼下がりに必ず村の女の子や女性たちと水浴びにいくのが日課になっていた。まだ日が高いう…

コメントなし

アフリカの森とスラムで、トイレの「きれい」「きたない」を考える

                                                                        林 耕次 アフリカの熱帯雨林で人類学的な研究を長くつづけているが、人びとの排…

コメントなし

ときめきと断捨離

西﨑 伸子   2019年、「こんまり」ブームが全米を席捲した。Netfrixの映像をみるたびに、「アメリカの人はめちゃくちゃ物をもってんねんなぁ」というしょうもない感想しか抱いていなかったが、最近、わたしにも…

コメントなし

モタネのドレスと「手の仕事」

牛久 晴香 4月から札幌で新しい生活をはじめた。北海道の初夏は本州より2ヶ月ほど遅れてやってくるようだ。先日遅い衣替えをしているとき、9年前にガーナの両親からもらった「モタネ」のドレスが出てきた。カラフルなアフリカンプリ…

コメントなし

森の敷物

林 耕次 毎年、日本で初夏を迎える頃になると、物置から取り出してくる敷物(ござ)がある。 それは、カメルーン東部州の森林地帯に暮らす、定住した狩猟採集民バカ・ピグミーのおばちゃんに編んでもらった「ブング(búngù)」と…

コメントなし

巾着バッグのつくりかた(ボツワナ)

丸山 淳子 ダオノアは、あまり話さない人だった。村の中心部にもめったに出てこなかった。毎日のように狩りに出かけ、そして仕留めた動物の皮を丹念になめして、きれいな皮細工をこしらえて、静かに過ごしていた。急激に変わる時代の流…

コメントなし

「ゾウをおどかす爆竹器」開発物語(タンザニア)

岩井 雪乃 タンザニアのセレンゲティ国立公園周辺に暮らす農民は、アフリカゾウが村に入ってきて畑を荒らして、生活をおびやかされている。かれらが畑からゾウを追い払うために使っている秘密兵器は、「爆竹器」である。先端に火薬をつ…

コメントなし

革靴工場の音(エチオピア)

松原 加奈 近年、エチオピアの首都アジスアベバでは、革靴工場の数が増加している。エチオピア政府は現在の主要産業である農業を核としつつ、製造業を中心とした工業化を進めている。その製造業のひとつとして、革靴を含めた皮革産業が…

コメントなし

夢見るギニアのアーティストたち(ギニア)

中川 千草 スマホの画面に表示される、224からはじまる着信履歴はときに、日に10件を超える。その着信の嵐は、ラマダンや新学期の前など、現金が必要になるタイミングではじまる。わたしに電話をかけることも、こうした年間スケジ…

コメントなし

漫画

コメントなし