アフリカゾウと生きるプロジェクト

ゾウによる農作物被害を防ぎ、ゾウとの共存をめざす人びとのとりくみを支援しています。

アフリカゾウが害獣って知ってますか?

タンザニアのセレンゲティ県では、2000年代に入ってから、アフリカゾウが農作物をあらす害獣となっています。以前、ゾウはセレンゲティ国立公園の中にいましたが、近年は、公園の外の村まで畑の作物を食べに入ってくるようになってしまいました。時には、村びとがゾウに殺される事件も起きています。村びとたちは、自分の生活と生命を守るために、ゾウを追い払い、国立公園に戻そうと努力しています。しかし、10トンもある巨大な生物に立ち向かうのは命がけで、簡単なことではありません。そして、それが1頭のみならず、多いときには200頭もの群れで押し寄せて来ることもあるのです。

観光客には人気のゾウだが、この群れが村にやってくるとものすごく危険

村に入ってきた50頭のゾウを命がけで追い払う農民

人家の前にもやってくるし、農民の生活の糧である作物を数時間で食べつくしてしまう

現在の対策:ワイヤーフェンスと追い払い

ゾウによる被害を減らさなくては、ゾウと共存することはできません。人びとはさまざまな対策を試行錯誤しています。2012年から動物保護区と村の境界にワイヤーフェンスを張りはじめました。村びとの発案でした。たった一本のワイヤーで、電気もとおっていませんが、その効果は絶大で、そこでゾウ群は立ち止まります。2016年には、フェンスの総延長は42kmになりました!

ただし、立ち止まったゾウ群をそのままにしておくと、やがてはフェンスを壊して村に侵入してきてしまいます。それを防ぐためには、立ち止まっている間に、人間が出て行って脅かして追い払うことが有効な手段になります。この手法は、日本でのサルによる農作物被害対策でも使われており、有効なことが認められています。ミセケ村では、60名の若者たちが、毎晩、ゾウを追い払って畑を守っています。

村人の夢へのチャレンジにあなたも加わりませんか?

わたしたちアフリック・アフリカは、村びとによるローカルな被害対策チャレンジを支援しています。体が大きいだけでなく知能も高いゾウについては、さまざまな被害対策が考案されてきました。しかし、恒久的で絶対的な解決策はいまだにみつかっていません。アフリック・アフリカとしても、いくつもの対策を試してきましたが、失敗におわったものが多いです(過去のチャレンジは、下記の報告を参照)。しかし、「そうした失敗があってもあきらめずに試行錯誤をくりかえす人びとの姿勢こそが大切であり支援すべきだ」というのが、このプロジェクトの出発点にあるアフリックの想いです。失敗にもくじけずチャレンジをつづける村びとへの支援をお待ちしています。

アフリカゾウ基金

寄付いただける方は、まずはフォームからお知らせください。
件名:アフリカゾウ基金
本文:ご氏名、ご寄付の口数(一口5,000円)

これまでの活動と近況の報告

プロジェクトの背景となる課題

村びとのチャレンジの近況