井上 真悠子

アフリカのみやげ物をミクロな視点から見てみたいと思い、大学院ではタンザニアの観光地・ザンジバルを中心に、みやげ物絵画の生産技術やスタイルの創出・拡散過程、みやげ物を媒介とした人々のつながり、モノや人の国境・地域を越えた広域移動などに興味を持って研究をしていました。また、出稼ぎ労働者が多いザンジバルの観光業を調査対象としながら、普段は女所帯のザンジバル(ペンバ)人家庭に居候していたため、タンザニア島嶼部のイスラム女性の生活や精神世界にも年々強い興味を持ちはじめています。
最近は日本でも様々なアフリカン・アートを目にする機会が多くなっていますが、モノを見るだけではなかなかわからないアフリカの「ものづくり事情」や、アフリカの観光地に生きる人々の日常にも興味をもってもらいたい、と思ってアフリックに参加しています。

担当したアフリカ先生の授業報告

 

担当したイベント

 

執筆したエッセイ

 

関連ホームページ