燻製エビと燻製魚のスープ

料理名(日・英・現地語)

Kâànji te si na ’oò (バカ語)
Soupe de crevettes fumées et poisson fumé(仏)

食されている国や地域

カメルーン東部州など熱帯雨林地域

この料理って?

じっくり燻製にした川エビや川魚をスープで煮たシンプルな料理です。味付けは塩と唐辛子のみですが、よい出汁が出ていて旨味たっぷりです。少し塩を強めに効かせ、プランテンバナナ(生食ではなく料理して食べるバナナ)などの主食と一緒に食べます。

材料2−3人分

  • 川エビ 150g程度
  • 川魚150g程度
  • 塩 適量
  • 唐辛子適量

調理手順

1)川エビ、はらわたなどを取り除いた川魚(ナマズなど10cmくらいのやや大きめの魚だとなお良い)を燻製台に広げ、弱い焚き火の上で一晩以上十分に乾燥させる。


2)燻製された川エビと川魚を鍋に入れ、水を加える。
3)沸騰して柔らかく煮えたら、塩と唐辛子で味を整える。
4)茹でたプランテンバナナなどを添えて完成。

フィールドメモ

熱帯雨林地域に暮らす人々は、11月〜3月の乾季になると、狩猟や漁を盛んにおこないます。この料理が作られたのは、クリスマス前の森のキャンプに滞在した時でした。クリスマスが近づくと、ごちそう食材を得るために人々はこぞって森に出かけます。乾季には川エビや川魚がバケツ一杯に獲れることもあります。沢山獲れると、村に持ち帰るために、その日のうちに燻製にします。フレッシュな川エビや川魚を使った料理も美味しいですが、燻製にすると旨味が凝縮され違った味わいを楽しむことができます。

 紹介者 関野文子